旅行ライターとして生計を立てる方法とは?収入を安定させるためのコツ

旅行ライターとして生計を立てる方法とは?収入を安定させるためのコツ

旅行ライターとして生計を立てる方法とは?収入を安定させるためのコツ

旅行をしながら、好きな旅行に関する記事を書き、その収入を旅行資金としてさらに旅を続ける…、旅行好きな人にとっては理想の生き方といえるのではないでしょうか。しかし、本当に旅行ライターとして生活していけるのかというのが、不安なところだと思います。

旅行ライターとして、世界旅行を続けるには、ライターとしての収入を安定させる必要があります。旅行ライターで生計を立てる方法について、そのコツをまとめてみました。



旅行ライターとして生計を立てることは可能か?

旅行が好きな人であれば人生のほとんどの時間を「旅行している」状態においておきたいはずです。旅行をしながら、旅行に関する記事を書く、それが旅行ライターの生き方ですが、本当にそんなライフスタイルで生計を立てることは可能なのでしょうか。

「生計を立てる」ために、どのくらいのお金が必要かという問題もありますが、日本で生活するのに必要なくらいの金額を稼ぐことは、旅行ライターの収入として不可能ではありません。しかし、コツをおさえて仕事をしなくては、旅行といいながらも単に「海外に滞在して毎日休む間もなく記事を書く人」になってしまいます。



旅行ライターと旅行ブロガー

ウェブライターというのは、ウェブ上のコンテンツ記事を書いて原稿料をいただく仕事です。旅行ライターとして稼ぐ人の多くは、このウェブライターに携わっている人が多いです。

記事執筆を依頼してくるクライアントは、企業や個人のアフィリエイターです。ウェブ上にサイトやブログを作りその広告収入でお金を稼いだり、企業のマーケティングの一つとしてウェブサイトを運営したりします。

これらのクライアントに依頼されて記事を書くのが、旅行ライターの仕事です。しかし、いつも条件のよい仕事の依頼があるとは限りません。時には、自分の好みでないことも書かなくてはいけないこともあるでしょう。

自分の好きなことを自分のブログに書いて収入を得る人のことを「ブロガー」といいますが、旅行ブログで収益を得る人が「旅行ブロガー」です。旅行ブロガーは、自分のブログ用の記事を書いて投稿するので、比較的自由に記事を書くことができます。しかし、誰かに依頼されて記事を書くのではないので、1本記事を書けばいくらもうかるというものではありません。

旅行ライターとして安定した収入を望むなら、旅行ライターと旅行ブロガーの2つのやり方を並行して行うのがおすすめです。



ぶっちゃけ旅行ライターの収入とは?

気になるのはその収入ですよね。旅行に関する記事を書いてクライアントから報酬をもらう場合、その記事単価はまちまちです。1記事1000文字以上の依頼が多く、1本書いて300円ということもあります。経験を積むとだんだんと報酬の良い案件も取れるようになるので、1本の記事単価1000円以上ということもあります。

また、クライアントによっては、サイト掲載後にどのくらいの読者に読まれたかによってボーナスが支払われることもあります。

ただし、旅行ライターの場合、旅行記事に関連したオリジナルの画像の提出も含まれていることがあります。加えて、記事を提出するウェブサイトによっては、ライターのブログURLをのせてくれるところもあります。自分でブログを持っている人は、そこで自分のブログも紹介できるというメリットがあります。

特に初心者のライターの場合、収入はそれほど期待できません。慣れないうちは1本記事を書くのに、最低でも1時間以上はかかるでしょう。そうなると、時給300円ということもあります。

それに、いつもきまって依頼があるわけではありませんので、時には旅行以外の記事を書いて収入を安定させることも必要かもしれません。



ライターとブロガーを両立する

旅行ブロガーというのは、ライターとしての依頼が少ないときでも収入を作ることができ、自分の好きなことを執筆できるというメリットがあります。その反面、ブログは収益を上げ始めるまでに時間がかかることや、毎月の収入が必ずしも安定するとは限らないというデメリットもあります。

旅行ライターとして、旅行をつづけながら安定して収入を得るには、ライターとブロガーを両立させるのがおすすめです。