スポンサーリンク

旅行ブログを運営して効率よく稼ぐためのサーバー選び方

旅行ライターとして稼ぐためには、自分でブログを運営するのがおすすめです。ブログ運営というと難しいように聞こえるかもしれませんが、記事が書ければブログを作成するのはそれほど難しいことではありません。

ここでは、ブログ運営に必要なサーバー選びに関してまとめています。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




ブログを運営して稼ぐということ

旅行ライターとして、クライアントのために記事を書く以外の時間を自分のブログ作成に費やせば、双方からの収入を得ることができます。

旅行ライターは、旅行をしながら記事を書いて生計を立てるという、旅行好きには理想的な職業です。しかし他人のために記事を書くということは、あくまでも依頼者があって成り立つ商売です。時には、自分の納得のいかない修正依頼がくることもあるでしょう。

その点、自分でブログを運営していれば、好きな記事を書くことができますし、ていねいにブログを育てればそこからの収入を増やすことも難しくありません。


ブログ運営にはサーバー選びが大切

ただし、他人に依頼されて記事を書くだけのライターとは異なり、自分でブログ運営するとなると、ライティングスキル以外にも、知識や技術が必要になります。

ブログを始めて作るという人は、無料ブログサービスを利用するのも一つの方法です。しかし、無料ブログはあくまでもブログ用のスペースを借りているにすぎず、そこで作ったブログは完全に自分のブログとしての財産になるわけではありません。

本格的にブログで稼ぐなら、レンタルサーバーを借りてブログを運用する方がはるかにおすすめな方法です。

そのためには、まずサーバー選びが肝心です。ブログはいったん作り上げてしまうと、あとあとになってサーバーを引っ越すのはとても手間がかかります。後で後悔しないためにも、サーバー選びは最初から慎重に行いましょう。



ブログで稼ぐためにおすすめなレンタルサーバー

ブログで稼ぐためにおすすめなサーバーというのは、どのような稼ぎ方をするかで変わってきます。ワードプレスでブログを作りたい人、ブログを大量作成したい人、大型のブログを立ち上げたい人など、ブログ作成の方針は人それぞれ異なります。

ここでは、ブログで稼ぐためにおすすめなサーバーを、ざっくりと5社紹介しておきます。

エックスサーバー



ブロガーにもアフィリエイターにも人気のレンタルサーバーです。稼働率が非常に高く、アクセスが集中しても接続エラーになったり動作が遅くなることがほとんどありません。

通常のブログ作成なら、X10というプランがおすすめです。ディスク容量は200GBと、画像をたくさんアップロードしても十分な容量です。

ワードプレスの簡単インストール機能付きで、データベースが50個まで作成できますので、ワードプレスでブログを複数作成したい人も使いやすいサーバーです。

現在独自SSLが無料で取得できますので、検索エンジンからのアクセスを安定して増やしたいと考えている人におすすめなサーバーです。


ゼンロジック



一般的な共有サーバーというスタイルではなく、クラウドサーバーという新しいシステムを採用しています。これは、レンタルサーバーでありながら、仮想専用サーバーのような使い方ができるというすぐれた機能です。

ただ、レンタルサーバーやワードプレスを使うのが初めてという人には、使いづらいかもしれません。どちらかというと、中級者以上向けです。

ゼンロジックも独自SSLが無制限、無料で使用できます。ブログを大量作成というよりも、大型ブログで急なアクセス増加にも耐えられるサーバーを探している人にぴったりのサーバーです。


ヘテムル



ヘテムルは、データベースが最大で100個まで作成できますので、ワードプレスブログを大量生産したい人におすすめのサーバーです。

操作画面も使いやすく、ワードプレス初心者でも容易にブログが作成できるでしょう。操作スピードも速く、ストレスを感じさせません。ワードプレスのマルチサイトでサブドメイン、サブディレクトリの両方に対応できます。


ミニバード



月額250円という安さで、ディスク容量50GBというのは、魅力です。初心者にも使いやすい操作画面とマニュアルで、ブログやレンタルサーバーが初めてという人にも使いやすいです。

2週間の無料お試し期間があり、その期間に解約した場合は、費用が一切発生しません。

この価格で、この機能はなかなかありません。レンタルサーバーを使ってみたいけど、コストは極力抑えたいという人におすすめです。


ロリポップ



月額500円で、データベースが30個まで使える「スタンダードプラン」がおすすめです。ディスク容量も120GBとたっぷりなので、中小規模サイトを複数作成したい人にも向いています。

初心者にも使いやすいと人気のサーバーです。マニュアルや操作画面が分かりやすく、ワードプレスの簡単インストール機能もついています。試用期間は10日間です。



まずは無料お試しで使ってみよう

ここに紹介した5社は、期間に差はありますが、いずれも無料のお試し期間が設定されています。レンタルサーバーが初めてという人も、2社目、3社目を探している人も、まずは無料のお試しから始めてみてはどうでしょうか。