スポンサーリンク

トラベルライターとして効率よく稼ぐ方法

トラベルライターになるには、記事を書いて出版社やメディアに買ってもらうか、自分でメディアを起こして発信する方法があります。トラベルライターとして効率よく稼ぐにはこの2つの方法を両立するのがおすすめです。

トラベルライターとして効率的に稼ぐ方法を考えてみました。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




トラベルライターになる方法

旅行ライターとして生計を立てる方法とは?収入を安定させるためのコツ

トラベルライターになる方法については、以前の記事でも書いていますが、出版社の編集部に所属するという方法もあります。しかし、このブログでは会社に所属せず好きな場所に旅行してそこで記事を書くという「トラベルライター」の話を書いています。

そういった意味でのトラベルライターになる方法は、他人から依頼されて記事を書く方法と、自分でブログやサイトを作って好きな記事を書くという方法とがあります。



2つの方法のメリットとデメリット

他人から依頼されて記事を書くという方法と、自分でメディア(サイト)を立ち上げて運営するという方法は、まったく異なるメリットとデメリットがあります。人によっては向き不向きがあるでしょう。

他人から依頼されて行うトラベルライターは、記事を納品すれば確実に報酬を手に入れることができます。

一方、自分で旅行サイトを運営する場合、記事を1本投稿したからといって決まったお給料が支払われるわけではありません。自分のサイト運営方法によって収入金額は大きく異なってきます。上手く運営すれば、安定してまとまった収入が期待できますし、失敗すればいくら記事を書いても収入はゼロという可能性もあります。

また、依頼される仕事は納期があります。いつどこで作業を行うかは自由ですが、納期までに記事を納めなくてはいけません。この点、自分のサイトに掲載する記事作成なら、まったく時間の制限はありません。好きな時に好きな記事を書いてアップすればそれでOKです。

自分で旅行サイトを運営する最大のデメリットは、サイトを立ち上げてから収益が上がるまでに時間がかかることです。下手をするとサイトを作ってから1年くらいしてようやく収益が上がり始めるということもあります。これも、書けばすぐに報酬が支払われる記事作成とは大きく異なる点です。



収入が多いのはどちら?

トラベルライター,効率,稼ぐ,方法

2つの方法を比べたときに、どちらの収入が大きいかは一口では語れません。他人のために書く記事は、ライターのスキルによって報酬単価が変わってきます。ベテランのプロライターになれば1本書いて数千円稼ぐこともあります。

一方、自分で立ち上げるサイトは、いったん作ってしまえば自分の財産になります。記事を追加していけばいくほど、通常はアクセスが増え収入もじわじわと増えてくるでしょう。つまり、今日書いた1000文字の記事が数年単位にわたって稼ぎ続けてくれるんです。

プロのトラベルライターともなれば、かなり収入が期待できますが、あくまでも「雇われている身」です。出版社の社長以上に稼ぐことはありません。ところがカリスマブロガーともなれば、莫大な金額を稼ぐ人も少なくありません。こうしてみると、収入の上限がないのは自分がサイト運営者側に回ることでしょう。



トラベルライターとして効率よく稼ぐには

記事を書いてクラウドソーシングで売る方法~旅行ライターとして稼ぐ方法

トラベルライターとして効率よく稼ぐことを考えると、最終的には自分で旅行サイトを運営する方がよいでしょう。しかし、サイト運営で収益を上げるまでには時間が必要です。つまり、サイトを立ち上げて最初の数か月~1年は収入がほとんどゼロでもおかしくないということを認識しておく必要があります。

ウェブサイトのコンテンツライターは、初心者でもすぐに始めることができるお仕事です。そういった点を考慮すると、依頼されて旅行記事を書く方法と、自分でサイトを運営する方法とを両立するのが最も効率的だと思われます。

旅行ライターとして稼ぐ方法には、自分でブログを作ってそこに記事を投稿する方法と、旅行記事を売る方法とがあります。記事を書いて売るというのはど...
旅行をしながら、好きな旅行に関する記事を書き、その収入を旅行資金としてさらに旅を続ける…、旅行好きな人にとっては理想の生き方といえるのではな...
旅行ライターとして生計を立てるのであれば、必要なスキルがあります。しかし、最初はだれでも初心者です。旅行ライターに必要なスキルというのは、仕...