スポンサーリンク

旅行ライターになる方法

旅行ライターというのは、旅行に関する記事を書いて生計を立てる人のことを指しています。旅行が好きな人なら、一年中旅を続けたいと思ったことはありませんか? 

旅行ライターになれば、旅行をすることそのものが「仕事」になり、それこそ、一年中大好きな世界旅行をしていてもお金が稼げるという夢のような職業です。

そんな、旅行ライターになるにはどうしればいいのか、その方法について説明します。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




旅行ライターへの道

私は、厳密にいうと一年中旅行をしているわけではありませんが、1年のほとんどを海外で過ごしており、「旅行」している時間も比較的長いほうだと思います。

そんな私が生活の糧を得ている方法が、ライターとして記事を書くことです。

主に、ウェブ上のコンテンツとしてブログやサイトに掲載する旅行記事を書いて、報酬をいただいています。旅行だけに限らず他のジャンルのテーマについて、記事を執筆することも少なくありません。

私は、昔から海外旅行が好きで、一年中世界旅行をすることに憧れておりました。まさに、現在はその夢がかなったことになります。

しかし、旅行ライターというのは、なってみればメリットだけでなく、デメリットもあるということに気づきます。



旅行ライターのメリットとデメリット

旅行ライターのメリットは、記事を書いて納品すれば報酬を得られるので、場所を選ばす仕事ができるということです。普通の会社員のように、オフィスや店舗への通勤というものがありません。

記事の依頼を受けたり納品したりするのは、ネットを通じて行いますので、ネット環境が整ってさえいれば、カフェでも自宅でも、公園でも、どこでも仕事をすることが可能です。

また、仕事の時間というものもありません。好きな時に作業をして、仕事がない時には遊んでいます(笑)。

もちろん、旅行に出て、旅先で記事を書くということも少なくありません。

旅行ライターとしてのデメリットは、作業をしなくては収入がないということです。通常の会社員でしたら、熱が出て会社を休んでも月給は保証されますが、ライターにはその保証がありません。

作業をした分の完全出来高制になりますので、仕事をしないときには何も報酬を得られません。

しかし、私のように本業の旅行ライターとなれば、収入に合わせて旅行スタイルを変更することも可能です。収入が少ない時には、物価の安い国や都市で過ごし、まとまった報酬が入ったらエアチケットを予約して移動する、といったライフスタイルも可能なんです。



旅行ライターになる方法

自分も旅行ライターになりたい!と思っても、どうやったらなれるのか分からないという人が多いと思います。

少し前なら、旅行記事を書いて生計を立てるのはとても難しいことでした。しかし現在はネットの普及により、多くの仕事がウェブ上の記事作成になります。このため、旅行ライターの需要も多くなり、ライターになるためのハードルは低くなったと言えるでしょう。

もっとも手っ取り早いのは、クラウドソーシングのサイトに登録することです。クラウドソーシングというのは、仕事の発注や受注をネットを介して行う仕事のスタイルです。

ライターとして記事作成の案件がとても豊富で、旅行に関する仕事を見つけることも難しくありません。また、副業として始めることが可能ですので、ライターとして試しに記事を書いてみるということも可能です。

ライター未経験者や初心者歓迎の案件も多く、ライティングスキルを鍛えたい人にもぴったりです。そこで、ライティングスキルをアップできたら、本業としての旅行ライターへの道が広がってきます。

サイトの登録は無料でできますので、さっそく登録して、どんな仕事があるか眺めてみてください。

空いた時間で在宅ワーク【Bizseek】

日本最大級のお仕事マッチングサイト!Webで完結、在宅で稼ぐ!無料登録(30秒)